コニカミノルタの体臭チェッカーはアプリでニオイを見える化できる

コニカミノルタの体臭チェッカーはアプリでニオイを見える化できます。
その名を「クンクンボディー」と言います。

 

体臭の測定結果を数値化することで、ニオイを見える化することが出来る体臭チェッカーです。
測定できる体臭は、「汗臭」、「ミドル臭」、「加齢臭」です。
これら3つの体臭の測定結果の総合値が百分率で表示され、それぞれ臭いの測定結果が10段階で表示されます。
また、同世代の平均的な値も表示されます。

 

自分のニオイは、ご自身ではなかなか気が付きません。
人間の鼻は、臭いにすぐ慣れてしまう性質がありますので、ご自身のニオイには気が付きにくくなっています。

 

そんな自分ではなかなか気が付きにい体臭を計測して見える化する体臭チェッカーがクンクンボディーです。

  • 今、汗臭いかな?
  • 靴を脱ぐけど足のニオイは?
  • ワキが臭っていないか?
  • 加齢臭やミドル臭がないか
  • 相手に不快な思いをさせたくない

 

こんな気持ちになった時に使えるのがコニカの体臭チェッカーです。

 

計測したデータは、スマホのアプリを起動させると表示されますので、体臭チェックをしていても周囲の目を気にすることはありません。
もちろん、体臭チェッカーと連動するアプリのご利用料金は無料となっています。

 

外回りのお仕事、外でのお仕事、30代以上の男性、汗を多くかく、接客業の方、このような方におすすめの体臭チェッカーです。

 

コニカミノルタの体臭チェッカーの詳細をご購入は公式ページをご覧下さい
↓    ↓

 

 

 

 

コニカの体臭チェッカーの特徴

コニカミノルタの体臭チェッカーの特徴は次の通りです。

 

  • 3大体臭を測定できる
  • 測定結果は専用アプリに表示
  • コンパクトサイズ
  • ニオイを見える化

 

コニカの体臭チェッカーは、「汗臭」、「ミドル臭」、「加齢臭」の3大体臭を計測できます。
汗臭は、体内のアンモニアが解毒されずに汗に交じって体外に放出されたり、汗が雑菌に分解されて生じるニオイです。
ミドル臭は、30代〜50代の男性に多く、頭頂部からうなじにかけてのエクリン腺からでる汗に含まれている乳酸が雑菌に分解されて生じるニオイです。
加齢臭は、皮脂腺中のパルミトオレイン酸と過酸化脂質が増え、分解や酸化されることによって生じるニオイです。

 

計測できる部位は、あたま、耳の後ろ、わき、足(足の裏)です。

 

これらのニオイや枕などの寝具や洋服に付着するとご自身でもニオイを感じることが出来ますが、基本的に自分の体臭はご自身ではなかなか気が付きにくいです。
しかも、友人や同僚など周囲の人たちが指摘してくれる可能性が低いです。
継続的に体臭が発生しているなら指摘してくれるかもしれませんが。
体臭は、汗臭のようにその日の体調によって強さが違ったりしますので、ニオイに強弱があったりします。
また、当日の天候や気温によっても強弱があります。

 

コニカの体臭チェッカーは、気が付きにくいニオイをスマホのアプリで見える化できますので、体の臭い対策を施すことが可能になります。
体臭チェッカーは、コンパクトサイズですので、携帯をすることが出来ます。

 

体臭チェッカーの使い方

コニカミノルタの体臭チェッカーは使い方がとっても簡単です。

 

  • スマホの専用アプリを起動させます。
  • 測定したい部位をあたま、耳の後ろ、わき、足から選びます。
  • 体臭チェッカーの電源を入れ測定した部位にかざします。
  • ニオイ測定値がスマホに表示されます。

 

使い方はとっても簡単ですので、いつでもどこでも体臭の測定が出来ます。

 

コニカの体臭チェッカーの詳細をご購入は公式ページをご覧下さい

 

 

 

本体
本体サイズ:縦108.5ミリ、横53.5ミリ、厚み22.5ミリ
重さ:100グラム
製造国:日本

 

アプリ対応機種 
iOS端末 iOS 8以上
Android端末 Android OS 4.3以上 Bluetooth 4.0以上

 

 

汗臭の特徴とは

汗臭は、肌の常在細菌が皮脂や汗を分解する時に発生します。
常在細菌が汗や皮脂をエサにして分解する際に発生します。
とくにワキの辺りで発生しやすいので、ワキ臭とも呼ばれます。
酸っぱいニオイがするのが特徴です。

 

汗が原因ですので、汗をなるべくかかない、余計にかかないように対策をとることによって防ぐことが可能です。
汗をかく前なら、制汗ができるスプレー、ロールオン、スティックタイプなどを使用出来ます。
汗をかいた後なら、汗や皮脂をふき取って消毒ができるデオドラントシートを利用することが出来ます。
その後は制汗対策を心掛けたいです。

 

ミドル臭の特徴とは

ミドル臭とは、30代から50代の男性に多く発生する体臭です。
汗の中に含まれている乳酸が、皮膚のブドウ球菌という常在細菌によって分解される時に発生しますです。
ミドル臭が発生する場所は主に、頭頂部、後頭部、首の辺りです。
朝、枕の臭いをかぐと臭うのはミドル臭です。
ミドル臭は腐った油のような臭いがします。
しかも、皮脂に蓄積されることがあります。

 

ミドル臭の対策は、洗髪をしっかりとすることです。
洗髪を毎日行うことによって皮脂にミドル臭が蓄積するのも防ぐことが出来ます。
特に首から頭頂部にかけて丁寧にしっかりとシャンプーをするのがポイントです。
指でマッサージをするように洗って下さい。